体を中から温めるためには

寒い時期や、急に体が冷え込むような冷たい風が吹いてきたとき、体は足の先、手の指先まで冷え込んできます。

暖かいところから急に寒い場所に行く機会がある場合や、ずっと寒いところで仕事をしていたりすると、体の芯から冷えてくることはありせんか?

本当につらいものですよね。

そんな時期にはどうしたらいいのか、足も手も凍り付くように痛みが出てきて、歯もカチカチと言い出すこともあるのです。

冷えてしまっている体を温めるのには時間がかかるものなので、日頃から冷えない体づくりも大事なのです。

寒い時期に入る時や、良ければ夏も含め1年中、温かいものや体を温める作用があるものを摂るように心がけると効果的です。

飲み物は出来るだけ温かいものを飲むようにし、カフェインが入っているものは体を冷やすこともあるので、出来るだけ控えるように気をつけます。

また、生姜やネギ、ニンジンなどの体を温める食べ物も、積極的に食べるようにするといいですね。

今では野菜のほとんどが1年中食べられるので、1年中体を温める食べ物を意識するようにしていると、体は冷えにくく、代謝の良い体作りが出来てきます。

体を冷やすような生活をしていると、体調も悪くなりやすく、健康な体とは言えなくなります。

できるだけ、健康的な体を維持できるように心がけておきましょう。

うなじ

体を温めるためには

体を温めるためには、積極的に温かいものを摂取するというのも大切で、他にも毎日の入浴を心がけ、体を芯から温めるというのも大切ですが、運動をして適度に筋肉をつけ、適度に汗を流すようにするのも効果的です。

また、定期的にストレッチをして全身の血行を促進していると、寒い日でも体は温まっていて健康的な状態が保てるのです。

さらに、全身のマッサージをすると体の力も抜けてリラックス状態になり、より全身の血行が促進されるのです。

時々マッサージ屋さんへ行くことが出来ると、心身ともにゆっくりとした時間を過ごすことが出来るのですが、時間が無い場合は、入浴後の体が温まっているうちに足のマッサージをするだけでも体が温まってきます。

冷える体のまま我慢をしていると、肩こりや腰のコリなど、いろいろなところが凝り固まってくるので、そうならないように、これらのことをぜひ実行してみて下さい。


campaign
お得なクーポン券をゲット
全身60分3,980円 全身40分+リフレ 全身100分6,980円