肩こりがひどい方の生活改善法

肩こりで悩んでいる方は多く、マッサージにお越しの方のほとんどは肩こりや腰痛です。ひどい肩こり・慢性的な肩こりの方は普段の生活を見直し、軽減することを意識しながら暮らしましょう。そうすれば、少し楽になるかも知れません。

肩痛を訴える女性

ひどい肩こり、1回のマッサージでとれる?

「肩こりがひどい時にこのマッサージで驚く程治る」という感じのタイトルでいくつかストレッチやマッサージを紹介しているWebページを見かけました。そんなにひどい肩こり、本当に1回のマッサージやストレッチで解消できるの?と疑問が残ります。首や背中までこりが出て、頭痛や倦怠感を感じるようなひどい肩こりは、簡単なマッサージやストレッチを数分やるだけで解消できるはずもありません。そんな時はプロの全身マッサージで、肩から遠い足などの下半身も含めてほぐす必要があります。そして、誠に残念ながら、1回全身をほぐしても、次の日には肩こりが復活してしまっている…なんてこともあります。ひどいこりがある場合は、2~3日おいてもう何度かマッサージを受けながら、生活面でも改善することを考えるべきなのです。

肩こりがひどい人が改善して欲しいこと

肩こりの原因は、同じ姿勢を長時間したことによる筋肉の緊張や疲労、他にも体調不良やホルモンバランスによる自律神経の乱れ、血行不良、冷えなど多岐にわたります。しかし、多くのお客様のお話を伺っていると、大きな原因になりそうなことがいくつかあります。リストにまとめたので、自分に当てはまっていると思うことから試してください。

 【座り方に癖がある】

デスクワークは、同じ姿勢を長時間しながらパソコン仕事をすることになりますね。その際、1時間に1回程度は休憩し、肩のストレッチをして欲しいのですが、もう1つ注意して欲しいのが座り方。例えば、足を組んでいる、斜めに座る癖がある、頭をパソコンに近づけて前のめりになる癖があるなど。こういった「悪い姿勢」は必ずどこかの筋肉に負担がかかっています。そして、その負担がかかる筋肉をさまざまな筋肉がかばおうとし、最終的に肩など全然違う場所がこることがあるのです。特に斜めになっている姿勢は、重い頭を支える首に負担がかかりやすく、そのせいで肩こりに。座り方はお手本のような美しい座り方を意識しましょう。

【慢性的に冷え症】

体温が低めである、血行が悪い、顔色が悪い、乾燥肌である…このような方は慢性的な冷え症である可能性が高いです。血行が悪いだけで、少しの筋肉の疲労からでも肩こりになりやすいのです。周りの人とくらべて、寒がりだなと思う方は冷えタイプ。体を温め、基礎体温を上げるための生活をしましょう。特に気を付けて欲しいのがコーヒー。コーヒーは南国の飲み物なので体を冷やします。筆者の知人で、8年間子供ができずに悩んでいた女性に、1日5~6杯飲んでいるコーヒーを紅茶に変えてみては?と言ったことがあります。そして、その女性は数か月後にめでたく妊娠!偶然かも知れませんが、やはり彼女も基礎体温が低く冷え症タイプでした。コーヒーは体を冷やしますので、紅茶や緑茶、ほうじ茶など体を温めるタイプの飲み物にしましょう。

 【体がかたく、前屈しても手が地面に付かない】

体がかたい人は、筋肉がかたいのです。これは体質もありますが、ある程度の努力で改善できます。毎日○分のストレッチ…など言われると負担になると思うので、生活の中で柔軟運動をやっていきましょう。例えば、お風呂につかっているときに、前屈をする。椅子から立ち上がるタイミングでどこかのストレッチをする…など、気分の切り替えに「伸びる」という動作を加えるだけで、1ヶ月ほど続けると全く違ってきます。ぜひお試しください。

あなたはいくつ当てはまりますか?ひどい肩こりの方は大概1個以上当てはまっています。SSCマッサージでは、マッサージだけでなく、無料で生活改善法のアドバイスも行っています。お気軽にご相談くださいね。

 


campaign
お得なクーポン券をゲット
全身60分3,980円 全身40分+リフレ 全身100分6,980円